岡邦行
著者のコラム一覧
岡邦行ルポライター

1949年、福島県南相馬市生まれ。ルポライター。第3回報知ドキュメント大賞受賞。著書に「伊勢湾台風―水害前線の村」など。3・11後は出身地・南相馬中心に原発禍の実態を取材し続けている。近著に「南相馬少年野球団」「大島鎌吉の東京オリンピック」

差別する軍人に「朝鮮人も日本人も同じ人間ではないか」

公開日: 更新日:

1932年ロサンゼルス五輪・三段跳び・銅メダル 大島鎌吉さん(上)

 戦歿の友のみ若し霜柱――。(三橋敏雄)

 戦没者を悼む句を詠んだ、俳人の名を思いだす。

 現在まで判明している日本人戦没オリンピアンは38人(女性1人)に及ぶ。激戦地の南太平洋や中国などに限らず、国内の空襲で亡くなった者もいる。戦前のオリンピックに出場(冬季含めて計9回)した男子選手は延べで447人。そのうち37人が2回以上出場している。つまり、驚くべきことに11人に1人は、戦争の犠牲者になっているのだ。

 よく知られている選手を挙げれば、1932年ロサンゼルス大会・馬術競技大賞典障害飛越個人で金メダリストになった陸軍大佐の西竹一は、42歳で硫黄島の戦いで戦死。36年ベルリン大会・陸上競技棒高跳びで銅メダリストになった大江季雄は、フィリピン・ルソン島での戦闘で27歳の若さで死亡している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  9. 9

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る