派閥抗争が監督人事を左右…福留“ルール違反”会食にも思惑

公開日: 更新日:

「福留がルール違反のリスクを冒してまで会食をしたのはワケがあるんだろう」

 阪神OBがこう言った。

 25日に選手、スタッフ計7人のコロナ感染が明らかになった阪神。感染した糸原、岩貞、陽川らは名古屋市内の飲食店で計8人で会食。残りのメンバーは福留、江越、小林、木浪、一軍スタッフだった。PCR検査で陽性判定が出なかった彼らは保健所から濃厚接触者と判定されなかったものの、登録抹消となった。

 オリックスからトレードで加入した小林は福留の日本生命時代の後輩だから、会食は小林の歓迎会だったともいわれているが、真相は定かじゃない。場所が名古屋だけに、おそらく中日に在籍していた福留が店を用意するなどして音頭を取ったのだろう。

 とはいえ、福留ほどのベテランが「会食は4人まで」という球団のルールを破ってまで歓迎会を開いたのは何か思惑があるに違いないと、このOB氏はみているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  9. 9

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る