阪神フロントが「落合監督」を招聘することは絶対にない

公開日: 更新日:

抵抗勢力の存在

阪神の幹部は阪神電鉄からの出向組。鉄道会社である阪神は安全運転が第一。斬新な企画を取り入れるなど、冒険による失点は致命傷になりかねない。何か問題を起こせば出世に響くため、とにかく波風を立てたくない。仮に落合さんが来たら、野村、星野時代と同様、管理部門、編成部門にメスを入れようとするだろう。そうなれば、既得権益を守りたい古株のフロントが黙っていない。波紋を呼ぶのは必至だ。コトを荒立てたくない幹部は、これまでのやり方がおかしいと思っても、古株の言い分を受け入れる図式が出来上がっている。そうすれば揉め事は起きないし、自分たちのことも立ててくれるからね。今の揚塩体制は抵抗勢力となる現場上がりの人間たちからチヤホヤされ、手のひらで転がされるばかり。改革する気などサラサラない。落合さんのような劇薬はむしろやっかいで迷惑。その気があれば、選手のモラル欠如を招いた管理部門や失敗続きの外国人選手の調査部門をとっくにテコ入れしているよ」(前出の関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」