ヤクルト2位・山野太一 父の「志」を胸に神宮のマウンドへ

公開日: 更新日:

山野太一(投手・21歳・東北福祉大)=ヤクルト2位

「妻の方からアプローチしてきました(笑い)」

 そう語るのは山口県の市役所に勤める父・正明さん(58)だ。

 幼少期から育った小郡町(現在は新設合併され山口市)には俳人・種田山頭火が昭和7年から約6年間暮らした其中庵がある。

 中学時代の正明さんは野球部で白球を追った。高校ではビートルズ映画に熱中したが、将来を考えたとき、長男だったことや、「地元に貢献したい」という気持ちから役場に就職。そんな正明さんが山野の母・晴美さん(56)と出会ったのは29歳の頃だった。

 晴美さんも山口市で育った。一緒に暮らしていた銀行員の叔母の制服姿に憧れ、小学生の頃の夢は銀行で働くことだったという。

 中学時代はバスケ部に所属したが、高校受験の時期に人気テニス漫画「エースをねらえ!」に夢中になり、進学後はテニス部へ。3年時にはダブルスでインターハイに出場。迎えた進路選択の際、体育大学で教師を目指すか、それともかつての夢をかなえるか悩んだ末、晴美さんは銀行員の道を選んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る