中日1位・高橋宏斗 白米敷き詰めた2リットルタッパー弁当

公開日: 更新日:

高橋宏斗(投手・18歳・中京大中京高)=中日1位

 8月12日、真夏の炎天下で開催された甲子園交流試合の中京大中京対智弁学園戦。高橋は初回に152キロを記録すると、延長十回の最後の打者を150キロの直球で三振に仕留めた。

 この試合の球数は149球。最後まで球威の衰えない投球を見せた高橋は、「根性キャラ」かと思いきや、中学時代はそうではなかったらしい。当時、高橋が所属した豊田リトルシニアの小林晋也監督はこう言う。

■要領の良さは天才的

「天性のお調子者で、明るい性格。誰かがエラーしても『関係ないよ、エラーぐらい』という感じで、常に前向きで皆から慕われていました。写真を見返したら、高橋はいつも真ん中に写っているんですよ。そんなタイプなので、要領の良さも天才的でした。あんまり厳しい練習が好きじゃなかったのかな、手を抜くのが上手でしたよ。私じゃないと気が付きませんね、あれは(笑い)。だから、中京大中京高に送り出す時、(野球部の)今村部長に『厳しくやってくれ』と頼んだほどです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る