錦織圭は5カ月ぶり白星に満足げ 試合勘戻り運も上向く予感

公開日: 更新日:

 男子テニスABN・AMROワールド(ロッテルダム)1回戦で、昨年9月の全仏オープン以来、5カ月ぶりの白星を挙げたのが錦織圭(31・世界ランク45位)。ここ2年でツアーV7回のオジェアリアシム(20・カナダ=同19位)に7―6、6―1とストレート勝ちした。

「(昨年以降)一番良かったと言える試合。(試合勘は)格段に戻ってきている」と試合後の本人は満足げだ。

 昨季は右肘手術から復帰しようという矢先にコロナに。全仏は寒さと雨と重いボールに苦しんで右肩を負傷した。年明けはチャーター機の同乗者からコロナの陽性反応が出て、2週間もホテルの部屋に缶詰めになった。まるで何かにたたられているようだったが、「20代に比べて疲れやすいという感じもない」と体力に問題がなければ、試合勘も戻ってきた。

 今回の白星をきっかけに、運も上向くかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る