後藤逸郎
著者のコラム一覧
後藤逸郎ジャーナリスト

1965年生まれ。毎日新聞大阪経済部次長、東京本社特別報道グループ編集委員などを経て現職。著書に「オリンピック・マネー 誰も知らない東京五輪の裏側」(文春新書)。

選手村クラスター発生の危険 建物構造もコロナ対策に欠陥

公開日: 更新日:

 政府と東京オリンピック・パラリンピック組織委員会、都、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)の5者会合が、3日開かれる。オリンピック開催後の新型コロナウイルスの感染爆発を防ぐため、無観客開催を含む対応を協議する見通しだ。だが、無観客となったところで感染拡大のリスクが消えるわけではない。

 オリンピックとパラリンピックで計1万5000人余りの選手が参加する予定だ。選手のコーチやスタッフはもちろん、報道関係者は計3万5000人余りが見込まれ、数万人超の外国人が入国する。出国時にPCR検査で陰性証明を求めるが、もともと精緻に欠ける検査方法であり、偽陰性を排除できない。しかも選手は、入国後2週間の待機を免除される。不十分な感染対策のまま訪日外国人を入国させ、感染爆発するリスクと構図は同じだ。

 選手の場合、感染リスクはより高い。IOCはオリンピック選手を選手村に宿泊させ、競技外での交流を求めている。コロナ前は「平和の祭典」「スポーツの祭典」を体現する仕掛けが、コロナ禍では感染リスクを高める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る