日額30万円!ベラボーに高い東京五輪人件費 単価は10段階

公開日: 更新日:

 これじゃあカネがいくらあっても足りないわけだ。

 今夏に開催予定の東京五輪・パラリンピックを巡り、東京五輪・パラ組織委が作成した大会運営の委託費を積算する際の根拠となる人件費の単価が、1日当たり最高30万円となっていることが分かった。1日の毎日新聞が報じた。

 東京五輪は計33競技339種目を9都道県の42会場で実施。各会場では観客誘導などの業務があり、組織委はこれらの業務を電通やADKなど大手広告代理店を中心とする計9社に委託して運営する予定だ。

 毎日新聞は同組織委がその際のコストを積算するための「参考値」を基に作成した内部資料を入手。それによると、人件費の単価は計10ランクの役職に分かれて設定されており、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで行われる競技運営を担当する企業への委託費は約5・3億円。人件費の単価は最もランクの高い「運営統括」(企業で部長級に相当)で日額30万円、次いで「チーフ」「ディレクター」が各同20万円だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る