松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

いつもより真面目なトーンで池江璃花子の復活を語りたい

公開日: 更新日:

 池江璃花子選手が日本選手権女子100メートルバタフライで3年ぶりに優勝した。難病を抱える人々がどれだけ勇気を与えられたか。

 いつもよりちょいと真面目なことを書かせてもらう。抗がん剤投与の苦しさは経験したものじゃなけりゃ分からん。オレも一応経験した。1カ月に6回投与されて、がん細胞とともに健康な細胞まで退治される。筋肉は剥ぎ取られ、ついでに髪の毛も剥ぎ取られる。

「マツザキさんの場合は髪形の心配がそもそもないですから、よかったですね」と医者に言われて力なくワハハと笑いこそすれ、生きるために最低限度必要な活力も奪われたんだ。なんとか医者から「寛解」と言われてどうにか息をしているが、外からのウイルスの不意の攻撃に対して、抵抗力は健常者よりも格段に落ちた状態で生きていく覚悟が要るんだ。そんな環境で、スポーツ選手として復活することがどれほどの努力と精進を要するか。そこんところをみんな、想像してもらいたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  2. 2

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  3. 3

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  4. 4

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    樋口英明氏「耐震性に着目すれば全ての原発を止められる」

  7. 7

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

  8. 8

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  9. 9

    ピクシーは意欲満々だが…日本代表監督就任を阻む懸念材料

  10. 10

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

もっと見る