武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

錦織の順調な復帰を支える新コーチとのさりげない“距離感”

公開日: 更新日:

 テニスシーズンの到来だ。新型コロナウイルス感染は衰えを見せていないが、さまざまな制限下でツアーも熱を帯びてきた。全仏は1週間延期されて5月30日から、昨年は中止だったウィンブルドンは6月28日の開幕に向け準備を続けている。

■ツアーの混沌を体感

 錦織圭が着実に前進している。一昨年の肘の手術、それに続くパンデミックによる変則日程という難しい状況を逆手にとって、目標をしっかり絞っている印象だ。

 クレーコートシーズンに入った今月のバルセロナで2勝、ナダルに挑戦してフルセットの末に敗れた。3試合ともフルセットと相変わらず勝ち味は遅いが、ここでの収穫はデカい。クレーシーズンのゴールは全仏オープンだが、いまの錦織のゴールはそこではない。東京オリンピックの仮想目標より何より、故障前の自信を取り戻すのがカギ。そのために勝ち切る、力を出し切る、戦い切る――過去2度優勝のバルセロナで“やり切った感”があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る