競泳・池江璃花子の東京五輪は24年パリ大会への「試金石」

公開日: 更新日:

「今は伸びしろしかない。自分自身に期待している」――。

 白血病から復活した競泳の池江璃花子(20)が五輪本番に向けて自信をみなぎらせている。

 4月の東京五輪代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権(東京アクアティクスセンター)で、個人種目4冠(自由形、バタフライの50メートルと100メートル)を達成。日本水連が定めた個人種目での派遣標準記録は切れず、リレー2種目(400メートルメドレー、400メートル)での代表入りが内定。6月のジャパンオープン(千葉県国際総合水泳場)で、派遣標準記録をクリアすれば、個人種目への出場の可能性も残しているものの「まずはリレーで選ばれているので、リレー2種目で貢献したい」と、日本女子では2012年ロンドン五輪以来となる、団体種目での表彰台に照準を絞っている。

 大会後、白血病で入院していた病院で診察を受けたそうで「先生からは『何も問題ありません』と言われました」(池江)と、主治医からのお墨付きを得たという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

もっと見る