ゴルフ場運営PGM系列57億円申告漏れ 合併繰り返し税軽減か

公開日: 更新日:

 ゴルフ場運営会社パシフィックゴルフマネージメント(PGM)のグループ会社が東京国税局から約57億円の申告漏れを指摘されていたことが、12日の一部報道で分かった。

 PGMの子会社PGMプロパティーズ(PGMP)は2017年2月、グループのPGMプロパティーズ4(PGMP4)と合併。約57億円の赤字を引き継いだ。PGMPは17年3月期の税務申告で欠損金を利益と相殺し、所得を約25億円と計上した。この欠損金は2社とは別のグループ会社で発生したもので、PGMP4は今回の合併直前にこの別会社と合併して欠損金を承継した。

 東京国税局は、2度の合併は税負担を減らすのが目的と判断。19年に過少申告加算税を含めた法人税の追徴課税約15億円の処分を実施した。PGM側は今年4月、処分の取り消しを求める訴訟を東京地裁に起こした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る