羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

渋野日向子は今「スイング改造の壁」に当たっている

公開日: 更新日:

 男子ツアーはプロ4戦目の23歳、片岡尚之がプロ初優勝を遂げました。

 選手会が主催した新規大会「ジャパンプレーヤーズ選手権」の初代チャンピオンです。優勝賞金1000万円は通常大会と比べると安いのですが、「勝つ」ということは大きな意味を持ちます。

 年末に行われるツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズ」の出場を決め、今年の残りすべての大会出場権と翌年からの2年シードを手にしました。

 片岡に限らず力のある若いプロはたくさんいます。しかし、練習の成果を試合で出すには経験が大きくモノをいいます。

 コロナ禍で、若手には場数を踏む機会が少ない状況です。練習ではできても、試合になると思い通りに結果を出すのは難しいのです。

 そのいっぽうで、無観客開催は若手プロに有利といえます。多くの観客の前でプレーするのは、プレッシャーがかかります。そんな重苦しい雰囲気が少なく、若さから伸び伸びとプレーに集中できるのは大きいといえます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る