山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神岩田は新生タイガースに唯一残る前時代のノスタルジー

公開日: 更新日:

 阪神のベテラン・岩田稔が15日のウエスタン・リーグ広島戦で今季初先発を務めた。結果は3回2安打無失点の好投。低めの変化球を打たせて内野ゴロに仕留める老獪な投球は健在だった。

 それにしても、現在セ・リーグ首位を走る阪神において、二軍戦に先発する岩田の姿にはどこかノスタルジックな感傷があった。なにしろ一軍の主力選手のほとんどは金本知憲監督時代以降に入団した生え抜きの20代。近年のドラフトの成功と、それによる若返りこそがチーム強化の大きな要因である中で、プロ16年目、37歳の左腕がマウンドに立ったのだ。

 若いころの岩田といえば、2000年代後期から10年代中期にかけて先発ローテの一角を担った技巧派サウスポーだった。井川慶、能見篤史、メッセンジャーといった時のエースの陰に隠れて決して目立つタイプではなかったが、防御率は常に2点台~3点台という妙な安定感が売りだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る