武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

全仏の大坂なおみは初戦がカギ 逆風に強く底力を発揮する

公開日: 更新日:

 テニスのグランドスラム第2弾、全仏オープンが30日に開幕する。

 昨年は新型コロナウイルスで秋の冷たい雨に泣かされた。今年も1週間ずれたが気象条件は良さそうだ。開催には幾つか制限があり、6面のショーコートでの動員は定員の35%、最高1000人まで。夜間外出制限に沿ってナイトセッションは4回戦まで無観客だ。

■ナダルは万全

 男子はジョコビッチ、ナダル、フェデラーの3強が1年半ぶりに一堂に会す。このところ全仏をスキップしてきたフェデラーが、ウィンブルドンに備えてエントリーしてきた。

 引退が秒読みに入っているだけにファン必見だがナダルが万全だ。14度目のタイトルに照準を合わせ、前哨戦の2大会で優勝。ローマでは決勝でジョコビッチをフルセットで倒し、チチパス、ズベレフら若手も退け、不動の大本命。勝てばグランドスラム通算優勝回数21の単独トップだ。

 錦織圭はこれまでベスト8に3度。クレーも苦手ではなく、前哨戦3大会で内容の濃いプレーを見せた。復帰途上だけに多くは望まず、1試合でも多く勝ち大舞台の感触を取り戻したいところ。

 女子は目下ナンバーワンのバーティより、昨年、彗星のごとく優勝したポーランドの19歳、シフォンテクがいい。ローマの決勝ではプリスコバ妹を6-0、6-0で破ってのろしを上げた。それでも安定感でピカ一のハレプの欠場で戦国模様。大坂なおみにも十分なチャンスがある。

 これまでハードコートの全米、全豪で2度ずつ優勝。“ハードの女王”と呼ばれるがクレーコートも悪くはない。全仏は4度出場し、3回戦進出が3度(昨年は欠場)。順応性がありクレー特有のスライドもできる。問題は大会の波に乗るかどうかの一点だろう。

 全仏のクレーコートはボールが高く弾む。気持ちさえ集中すれば、あの叩きつけるパワーに対抗できる選手はいまのところいない。

 過去4度のグランドスラム制覇は、いずれも逆風に打ち勝った。最初の全米はセレナ旋風だったし、続く全豪は恩人コーチ、サーシャ・バインとの確執を隠しながらの頂点。昨年の全米では黒人差別への抗議マスクをかけながら勝ち上がり、今年の全豪はコロナの隔離生活を乗り越えてのもの。

■「会見拒否」発言は特に過激ではない

 今回も、大会期間中の会見を拒否するという声明を出した。これはオリンピックについての質問が殺到するのを見越してのこと。ローマ大会前の会見で「人々を危険にさらし、不愉快にしているのであれば、しっかりと議論されるべきと思う」と発言。特に過激な発言でもないが、大坂が言っただけで、テニスなど知りそうもない人まで引用するほど世界中に広まった。それほどの影響力があるということだ。

 24日、米国務省が日本への渡航中止勧告を出した。五輪派遣と直接の関係はなくても、これから議論が深まるにつれ大坂の発言はまな板に上がる――こういう難局に強く底力を発揮するのが大坂なおみ。大事な初戦の戦いに注目したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  6. 6

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  7. 7

    宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

  8. 8

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

  9. 9

    郷ひろみ“前期高齢者”でも超元気の秘訣 歌手デビュー50周年で555曲サブスク解禁

  10. 10

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

もっと見る