海外トップ選手は必ず暴走する 五輪の行動制限は至難の業

公開日: 更新日:

 一番怖いのは人ではないか。

 開催まで70日を切った東京五輪新型コロナウイルスの感染拡大が収束しない中、大会組織委員会は大会中の感染対策に奔走している。選手と外部を遮断するバブル方式、食事会場での黙食、選手村への監視員の派遣……。

 しかし、何より困難なのは、アスリートの行動制限。日本の選手はともかく、海外のトップアスリート、特に一部のプロ選手はカネにものをいわせて独断で行動する危険性があるからだ。

 たとえば、スター軍団の米国バスケットボール代表。1992年のバルセロナ五輪では選手村でなく市内の高級ホテルに宿泊。2016年のリオ五輪では選手村の設備に不満で、シルバー・クラウド号という豪華客船を貸し切り、港に停泊して生活。船から試合会場に通う異様なスタイルを取った。

 コロナ禍の今回も、カネが山ほどあるトッププロ選手は同様のスタイルを取るかもしれない。感染の有無を調べる検査は選手村で受けなければならないが、ホテルへの宿泊は認められているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る