元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

中山雄太は真面目な青年 地道にコツコツ前進を続けていく

公開日: 更新日:

中山雄太(24歳・オランダ1部ズウォレ・DF)

「A代表の主将が来るってことで(U-24代表でずっと主将だった)僕より適役だということは分かっていた。自分は彼らとのパイプ役をしっかり担っていきたい」

 森保一監督が、2017年12月に東京五輪に向けた代表を立ち上げた時からリーダーを務めてきた中山雄太は、オーバーエージ(OA)の吉田麻也(サンプドリア)加入を素直に喜んだ。

 だが、2004年アテネ五輪では、最終予選まで主将だった鈴木啓太が小野伸二(札幌)らOAの加入で落選した過去もある。 実績十分の中山と言えども、現実の厳しさを感じつつ、守備のマルチ型として生き残りを期す。

 6月3日のA代表とU-24代表との一戦(札幌)ではボランチに入った中山だが、5日のガーナ戦(福岡)では左サイドバック(SB)で先発。酒井宏樹(マルセイユ)、冨安、吉田とともに最終ラインを形成した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る