【バド男子】桃田賢斗が狙う5年越しの頂点…度重なる不祥事、不運乗り越え実力発揮なるか

公開日: 更新日:

桃田賢斗(26歳・バドミントン男子シングルス)

「この5年間を振り返ると正直、五輪に出場できないのではないかと思うこともあった」

 自身の過去についてこう振り返っている。

 違法カジノに手を染めて資格停止処分、2016年リオ五輪への出場が絶たれた。その後も不運に見舞われ、20年1月のマレーシア遠征では交通事故に巻き込まれ全身打撲、右眼窩底(がんかてい)骨折などの重傷を負い、一時は選手生命の危機に。同年12月の全日本総合選手権で戦列復帰を果たし、世界ランキング1位をキープし続けたが、今年1月には新型コロナウイルスへの感染が判明。本人も含めた日本代表は予定していたタイでの国際大会への出場辞退を余儀なくされた。

■前哨戦で格下相手に敗退

 五輪、世界選手権に次ぐ格付けで、東京大会の前哨戦と位置付けられた今年3月の全英オープンでは、準々決勝で当時世界10位のリー・ジージャ(マレーシア)にストレート負け。五輪本番に向けて不安を残した。しかし、この敗戦が桃田には薬になったという。

 長らく世界ランク1位をキープし続けた慢心もあり、自分が得意とする「ディフェンス中心の試合運びをすれば勝てる」とたかをくくっていたからだ。五輪が1年延期されて桃田同様、海外勢も強化する時間が増えた。昨年はコロナ禍で国際大会が中止となり、トップ選手の多くは技術向上に努め、同時に徹底して桃田対策に励んできた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至