恥辱の巨人がコーチ人事に着手も…「原派シャッフル」のおためごかしではお先真っ暗

公開日: 更新日:

 巨人は29日、金城龍彦三軍野手総合コーチ(45)を一軍守備走塁コーチに配置転換すると発表した。

■金城コーチが三軍から一軍へ、吉村作戦担当はフロントへ

 横浜DeNAから、2014年オフに巨人にFA移籍し、15年に現役を引退。16年から巨人でコーチを務めており、すでにCSへ向けた一軍練習に参加していた。現在、一軍の野手コーチは「野手チーフ」「野手総合」「作戦」があるが、今季「守備走塁」は設けていなかった。今月5日には阿部二軍監督が一軍作戦コーチに「異動」している。

 また、吉村禎章作戦コーチ(58)が来季からフロント入りすることも決まった。吉村コーチは来月のCSファーストステージ阪神戦のベンチからは外れる。

「原監督は『若いコーチも教育する』と言っていたから、その一環なんでしょうけど……」と巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう言った。

「借金1で3位に終わった巨人を再建しないといけないのに、契約が切れる原監督が責任を取らずに来季も続投するなら、せめてコーチの陣容は思い切って代えないと、来年も同じことの繰り返しになる。原監督には編成面の全権がある。今の巨人は監督の息がかかった“原派”といわれるコーチばかりで、一、二、三軍でかきまぜているだけの印象。監督が交代しないと、コーチ陣も現状維持になってしまいがち。先日、オーナーが『元木ヘッドコーチは留任』と言っていましたが、本来は外部から監督クラスの大物を招聘してヘッドコーチに据えるくらいのことをしないと、投打ともにボロボロになってしまったチームは、簡単には変わらないでしょう」

 惨敗の責任も取らず、配置転換のおためごかし。原監督の専横はとどまるところを知らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  2. 2
    元横綱・白鵬の「師匠代行」玉垣親方の素性と評判…異色の経歴、27歳で角界入りの元教師

    元横綱・白鵬の「師匠代行」玉垣親方の素性と評判…異色の経歴、27歳で角界入りの元教師

  3. 3
    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

  4. 4
    西武・平良海馬「マイナー契約では絶対行かない。行く意味がない」…あけすけに語ったメジャー挑戦への青写真

    西武・平良海馬「マイナー契約では絶対行かない。行く意味がない」…あけすけに語ったメジャー挑戦への青写真

  5. 5
    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

  1. 6
    西武・甲斐野央に聞いた「ソフトバンクを見返したいとは思いませんか?」「後悔はある?」

    西武・甲斐野央に聞いた「ソフトバンクを見返したいとは思いませんか?」「後悔はある?」

  2. 7
    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

  3. 8
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  4. 9
    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

  5. 10
    「ふてほど」河合優実は池松壮亮と年内結婚も? 映画界“最強カップル”の気になる行方

    「ふてほど」河合優実は池松壮亮と年内結婚も? 映画界“最強カップル”の気になる行方