鬼木体制のXデー到来か…サッカー日本代表「オール川崎化」で森保監督交代が秒読み段階

公開日: 更新日:

 W杯アジア最終予選のアウェー2連戦となるベトナム戦(11日)、オマーン戦(16日)に臨む日本代表メンバー27人が4日、発表された。

■川崎組の三笘と旗手が初招集

 代表ルーキーはJ1の常勝軍団・川崎から今夏ベルギーに移籍したMF三笘薫(24)と現川崎のMF旗手怜央(23)の2人。DF谷口彰悟(30)、DF山根視来(27)の川崎所属選手も再招集された。これに代表常連でGK川島永嗣(38)、DF板倉滉(24)、MF守田英正(26)、MF田中碧(23)を加えると実に8人もの選手が、森保ジャパンの<オール川崎化>に一役買っているのだ。

「三笘、旗手に関して言えば、招集が遅過ぎたと言ってもいい」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が続ける。

「10月12日のオーストラリア戦で森保監督は、定番の4(DF)―2(ボランチ)―3(MF)―1(FW)から、川崎の基本布陣である4―3―3に変更。内容の伴った勝利を手にした。たとえばDFラインにCB谷口と右SB山根が入り、3MFを旗手と田中と守田で固め、左サイドFW三笘という組み合わせにすれば、この6人は短時間で熟成度の高い連係プレーを見せられる。練習時間が多く取れない代表で<同一クラブの主力を集める>ことは、大きなアドバンテージとなる」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

  1. 6
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  2. 7
    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

  3. 8
    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

  4. 9
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  5. 10
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる