2030年札幌五輪は“ザル勘定”の極み! 開催経費は予算の2倍「4400億円超」と予測

公開日: 更新日:

「現在の支持率のままでは厳しい」

 14日の定例会見で日本オリンピック委員会の山下泰裕会長は焦りを募らせた。

 2030年冬季五輪の開催都市に立候補する札幌市だが、市民感情は冷めているからだ。北海道新聞が4月に発表した世論調査によると、市民の57%が開催に「NO」を突きつけている。

 賛同を得られない大きな理由のひとつが予算面だ。20年秋にオックスフォード大学が発表した論文によると、1960年以降の五輪はすべて当初の予算を超過しており、支出は平均172%に膨れ上がっているという。無観客開催となった東京大会の惨劇は言うまでもないが、種目数が少なく運営を制御しやすいとされる冬季五輪にしても、直近の北京大会は中国政府発表額の10倍の4兆円超、その前の18年平昌大会にしても支出は予算案の4倍になった。

■「低予算」「税金非投入」を謳うが…

 そこで、札幌市は新会場を造らないことを掲げ、「低予算」「税金非投入」を謳っている。同市のスポーツ局招致推進部の担当者は「開催が決まった場合、予算案の2000億~2200億円を絶対に超えないよう、死守しなければと思っている」と話すが、「間違いなくオーバーします」と断言するのは、東京五輪関連の著書がある作家の本間龍氏だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  2. 2
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  3. 3
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  4. 4
    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

  5. 5
    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

  1. 6
    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

  2. 7
    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

  3. 8
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 9
    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

  5. 10
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?