小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

公開日: 更新日:

【アース・モンダミンカップ】最終日

 最終組から3組前でプレーした木村彩子(26)が69で回り、6打差を逆転してツアー初優勝を遂げた今大会。試合の模様は有料のネット配信やCSでは見ることはできたが、地上波でのテレビ中継はなかった。

 背景には日本女子プロゴルフ協会(小林浩美会長)と、女子ツアーが不人気だった時代から支えてきたテレビ各局との対立がある。ここ数年、黄金世代、ミレニアム世代といった若手が活躍するようになり、にわかに女子プロブームが起きた。

 すると、財政基盤が脆弱な協会は、それまであいまいだった放映権の帰属を突然主張し、手っ取り早く高収益が望めるとテレビ各局にカネを払えと迫ったのだ。協会は各主催者が放映権帰属を認めてくれたとアナウンスしたが、実際は水面下でいまでも交渉が続けられている。

 小林浩美会長が強引に主導する放映権問題にファンは完全に置き去りにされているのが実態だ。

「協会は放映権問題で大きな勘違いをしている。大会のテレビ中継がなくても誰も困らない。ゴルフはそもそもプレーを楽しむ人がほとんどで、観戦を楽しむ人はそれほど多くはありません。それに一部熱烈ファンを除けば、カネを払ってまで見たいという魅力はハッキリ言って女子ツアーにはない。テレビ中継がなければいずれファンは離れていき、女子プロと契約するスポンサーも選手の露出がなければメリットがなくなり、負の連鎖から女子プロ人気も一気に下火になる。第一、誰でも気軽に見ることができるテレビ中継がなければゴルフ人気は広がらない。すごい記録が出ている、すごい選手が出ているのならまだしも、同一週開催の全米女子プロに比べても話題が乏しい」(ゴルフ評論家・宮崎紘一氏)

 今大会で一番の話題といえばキャディートラブルで、その次が優勝5400万円の高額賞金ぐらいだ。それではお金を払ってまで見たいという動機づけにはならない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず