大山悠輔「FA封印&大減俸」なら阪神カネうなる一方…青柳、坂本、糸原にも残留の機運が

公開日: 更新日:

 このまま低迷が続くようなら、FAどころか、大減俸は必至だろう。

 今月5日に不振で二軍落ちした虎の主砲・大山悠輔(29)のことだ。

 今季は53試合に出場し、打率.199、3本塁打、19打点。下半身の張りで開幕直前のオープン戦を4試合連続で欠場。ぶっつけで開幕に臨んだ影響もあってか低空飛行が続き、ミニキャンプを兼ねて二軍降格した。昨19日のソフトバンクとの二軍戦に降格後初めてフル出場し、4打数1安打。一軍復帰は近づいているとはいえ、復活を果たせるかどうかは不透明だ。

 その大山は今年、国内FA権を取得した。昨季は最高出塁率のタイトルを獲得するなど、不動の4番として18年ぶりリーグ優勝&38年ぶり日本一に貢献。オフの契約更改では球団から複数年を提示されるも、1億5000万円増の2億8000万円で単年契約を結んだ。FA取得年に活躍し、大型契約を勝ち取るつもりだったが、このままいけば計画倒れである。

阪神では今年、坂本、糸原がFA権を取得。開幕投手を務めた青柳も残り100日弱の一軍登録で取得可能です。とはいえ、大山、坂本、青柳は昨季よりも成績を落としているし、糸原もあくまで控えメンバーですからね。開幕前は、FA組の大量流出が危惧されましたが、このままいけば、4人ともFAを封印する可能性は高い」(放送関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差