巨人獲得間近の台湾人左腕・黄錦豪に「3年後エース」の期待 昨夏U18から目を付けていた

公開日: 更新日:

「日本のプロ球団や我々メジャーのスカウトは昨年、台湾の台北で行われたU18ベースボールワールドカップをカバー。日本の高校生や台湾や韓国の選手を中心にチェックしていました。日本人選手以外の1番人気は150キロ台中盤の速球を武器に決勝の日本戦にも先発して好投、後に日本ハムと育成契約を結んだ孫易磊(19)でしたけど、ネット裏では彼のことも話題になってましたよ」

 こう言うのはア・リーグのスカウト。「彼」とは巨人が育成で獲得すると言われる台湾の左腕・黄錦豪(18)のことだ。

 184センチ、75キロ。140キロ台中盤のストレートに加え、カーブやチェンジアップなどの変化球も操る。「実は左肘が曲がっている」というスカウトも中にはいるとはいえ、それも武器になり得るし、潜在能力は高いのだろう。パ・リーグのあるスカウトがこう言った。

「巨人からはスカウトが4人くらい来て、メジャーやソフトバンクも熱心だった孫をチェックしていたものの、結果として日本ハムにもっていかれた。けれども、巨人が当時から黄も追い掛けていたのは有名な話です。黄はメジャーも目を付けていただけに、今回は争奪戦を制した格好です」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差