女性アスリートは「生理」にどう対処しているのか

公開日: 更新日:

「明日は大事な試合なのに生理が……」

 女性アスリートの多くがそんな悩みを抱えている。

 五輪や世界選手権などの代表に選ばれると、低用量ピルなどを使って月経周期を調整し、本番に臨む選手もいることはいる。だが、日本代表になるようなトップアスリートでも、知識不足やドーピングになるとの誤解があり、薬の服用に抵抗があるため、生理日をズラす選手は非常にまれだ。この点は欧米に比べてはるかに遅れている。

 生理中の腰痛や腹痛、頭痛などの他、生理前のイライラや体重増など、程度の差はあっても、何かしらの体調不良を抱えながら試合に臨めば、本来の実力を発揮できない。メダル候補として五輪に出場し、症状が重くて惨敗。「生理中でなければ金メダルが取れたのに……」と悔やんでも後の祭りだ。

 国立スポーツ科学センターの専門家は、生理の時期をコントロールする方法とリスクを正しく理解した上で、薬を使うか使わないかを決めて欲しいと言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  8. 8

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  9. 9

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る