• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「多肉植物図鑑」松山美紗著

■多肉植物の美しくも不思議な世界に心奪われる

 原産地の降雨量の少なさに対応するため、水を体内に蓄えようと進化した結果、独特のフォルムを得た多肉植物の美しく、そして不思議な世界を案内してくれるカラー図鑑。

 肉厚のぷっくりとした葉を持つ代表が「セダム」。セダムの中にもさまざまな種類があり、「乙女心」の和名を持つ「セダム・パキフィルム」は、紅葉時に葉先だけがピンク色に染まり何とも初々しい。そう、多肉植物も紅葉するのだ(しない種類もあるそうだが)。

 一方の「ハオルシア」類は、強い日差しがある原産地ではそのほとんどが砂に埋もれ、唯一、外に出ている葉先がレンズに進化して光を取り込んでいるという。葉の一枚一枚がしずくのようにぷっくりとした質感をもつ「しずく石」は、とりわけ葉先のレンズの透明感が美しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る