「多肉植物図鑑」松山美紗著

公開日: 更新日:

■多肉植物の美しくも不思議な世界に心奪われる

 原産地の降雨量の少なさに対応するため、水を体内に蓄えようと進化した結果、独特のフォルムを得た多肉植物の美しく、そして不思議な世界を案内してくれるカラー図鑑。

 肉厚のぷっくりとした葉を持つ代表が「セダム」。セダムの中にもさまざまな種類があり、「乙女心」の和名を持つ「セダム・パキフィルム」は、紅葉時に葉先だけがピンク色に染まり何とも初々しい。そう、多肉植物も紅葉するのだ(しない種類もあるそうだが)。

 一方の「ハオルシア」類は、強い日差しがある原産地ではそのほとんどが砂に埋もれ、唯一、外に出ている葉先がレンズに進化して光を取り込んでいるという。葉の一枚一枚がしずくのようにぷっくりとした質感をもつ「しずく石」は、とりわけ葉先のレンズの透明感が美しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  7. 7

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  8. 8

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

もっと見る

人気キーワード