「人身売買・奴隷・拉致の日本史」渡邊大門著

公開日: 更新日:

■「戦国時代には、農民も生活のため合戦に参加し人や物資を奪って生きてきました」

「戦国時代というと、信長や秀吉など有名な武将にスポットが当てられがちですが、その時代の庶民の暮らしがいかに過酷だったかという、生々しい日本の裏面史も知っていただきたいと思ってこの本を書きました」

 戦国時代の合戦には、農民たちが雑兵として駆り出されたが、実は、農民自身もすすんで合戦に参加していたことがわかってきた。

 当時の主産業である農業や漁業はひとたび自然災害に見舞われると収穫量がガタ落ちになり、人々は飢えに苦しんだ。寛喜2(1230)年の大飢饉(ききん)では人口の3分の1が失われたという。

 そのため、農民たちは生きるために生死をかけて戦争にも参加したのである。戦場では食料、馬、刀など略奪(乱取り)した物資を自分のものにするのが当たり前で、褒賞ほしさに敵の頭や鼻を切り取って数を競った。そのさまは江戸時代初期に集成された甲斐の国の大名武田氏の軍書「甲陽軍鑑」などにも生々しく描かれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る