「東京2020計画地図」東京都市計画研究会編

公開日: 更新日:

 2020年オリンピックまでに東京はどう変わるか。政府は海外からの旅行者を2000万人にまで増やすともくろみ、港区はホテル事業の拡大を思い描く。渋谷はスクランブル交差点やマルキュー(109)など若者文化をベースに独自の未来志向を徹底するという。

 日本橋から日比谷にかけては水運の整備を行ってその昔の「水都・東京」の復活をめざすらしい。現に日本橋にできた船着き場では冬にもコタツ船が出て人気を博しているのだそうだ。臨海部・銀座・虎ノ門・竹芝など各地区ごとに描く壮大な皮算用か。各官庁の縄張り争いで空中分解しないことが大事。

(かんき出版 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  4. 4

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る