「東京2020計画地図」東京都市計画研究会編

公開日:  更新日:

 2020年オリンピックまでに東京はどう変わるか。政府は海外からの旅行者を2000万人にまで増やすともくろみ、港区はホテル事業の拡大を思い描く。渋谷はスクランブル交差点やマルキュー(109)など若者文化をベースに独自の未来志向を徹底するという。

 日本橋から日比谷にかけては水運の整備を行ってその昔の「水都・東京」の復活をめざすらしい。現に日本橋にできた船着き場では冬にもコタツ船が出て人気を博しているのだそうだ。臨海部・銀座・虎ノ門・竹芝など各地区ごとに描く壮大な皮算用か。各官庁の縄張り争いで空中分解しないことが大事。

(かんき出版 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る