「その薬、必要ですか?」川島紘一郎著

公開日: 更新日:

 医薬品や健康食品などの効能や副作用を明らかにしながら、不必要な摂取に待ったをかける本書。

 空気が乾燥する秋は風邪が多くなる季節だが、副作用のある成分が意外に多いのが風邪薬だ。解熱鎮痛薬として使われるアセトアミノフェンは、全身に赤い斑点や水疱ができるスティーブンス・ジョンソン症候群という副作用が起きやすく、長期服用は肝障害のリスクが高まるとされている。また、痰を出しやすくする去痰薬が処方されることも多いが、その効果を示す客観的なデータは現在ほとんどないというから驚きだ。

 他にも、食べるコラーゲンは皮膚を作るコラーゲンにならないこと、突然服用をやめると胃酸が大量分泌されるH2ブロッカーなど、細かく解説していく。

(ポプラ社 1300円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る

人気キーワード