「その薬、必要ですか?」川島紘一郎著

公開日:  更新日:

 医薬品や健康食品などの効能や副作用を明らかにしながら、不必要な摂取に待ったをかける本書。

 空気が乾燥する秋は風邪が多くなる季節だが、副作用のある成分が意外に多いのが風邪薬だ。解熱鎮痛薬として使われるアセトアミノフェンは、全身に赤い斑点や水疱ができるスティーブンス・ジョンソン症候群という副作用が起きやすく、長期服用は肝障害のリスクが高まるとされている。また、痰を出しやすくする去痰薬が処方されることも多いが、その効果を示す客観的なデータは現在ほとんどないというから驚きだ。

 他にも、食べるコラーゲンは皮膚を作るコラーゲンにならないこと、突然服用をやめると胃酸が大量分泌されるH2ブロッカーなど、細かく解説していく。

(ポプラ社 1300円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る