「バードドッグ」木内一裕著

公開日: 更新日:

 主人公は、ヤクザから足を洗って探偵になった矢能政男。縁あって養子としてやってきた小学3年生の娘・栞のためを思い、組からの復帰の誘いを断って堅気の世界で暮らしていた。

 ところが、そんな矢能の元に、燦宮会会長の二木から人捜しの依頼が舞い込んだ。日本最大の暴力団である菱口組系の三次団体である佐村組組長が突然、姿を消したというのだ。暴力団内部の犯行なのか、はたまた何らかの抗争に巻き込まれたのか。策略が働いていることは確かなのだが、警察に依頼することも難しく、かといって普通の探偵では荷が重い調査だけに、元ヤクザの矢能に白羽の矢が立ったのだった。失踪に関わっているかもしれない容疑者は全員ヤクザ。果たして事件の真相は?

 2004年に「藁の楯」で小説家デビューし、同作が昨年映画化された著者による最新探偵小説。だまし合い、探り合いの中で、ヤクザの手口を知り尽くしている矢能ならではの推理が冴える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る