• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「バードドッグ」木内一裕著

 主人公は、ヤクザから足を洗って探偵になった矢能政男。縁あって養子としてやってきた小学3年生の娘・栞のためを思い、組からの復帰の誘いを断って堅気の世界で暮らしていた。

 ところが、そんな矢能の元に、燦宮会会長の二木から人捜しの依頼が舞い込んだ。日本最大の暴力団である菱口組系の三次団体である佐村組組長が突然、姿を消したというのだ。暴力団内部の犯行なのか、はたまた何らかの抗争に巻き込まれたのか。策略が働いていることは確かなのだが、警察に依頼することも難しく、かといって普通の探偵では荷が重い調査だけに、元ヤクザの矢能に白羽の矢が立ったのだった。失踪に関わっているかもしれない容疑者は全員ヤクザ。果たして事件の真相は?

 2004年に「藁の楯」で小説家デビューし、同作が昨年映画化された著者による最新探偵小説。だまし合い、探り合いの中で、ヤクザの手口を知り尽くしている矢能ならではの推理が冴える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る