「インデックス」誉田哲也著

公開日:  更新日:

 女性刑事・姫川玲子が活躍するシリーズの最新短編連作集。表題作「インデックス」は、池袋を震撼させた連続殺人事件を描いた前作の長編「ブルーマーダー」の後日談になっている。

 主犯の木野一政は末期がんに侵されており、取り調べもままならない。木野が殺害を認めているのは14人。他にも20人以上の殺害をほのめかしている。

 玲子は、被害者と思われる行方不明者のリストを渡され厄介な捜査を任される。

 五十音順のインデックスの中から、玲子が独特の勘で、最初に目をつけたのは、ヤクザの親分。侠気のある人物だという。その足跡を追ううちに見えてきたのは、組を背負った男の意外な真実だった。

 ファンなら百も承知だが、玲子は背が高くて美人。強い正義感と男顔負けのタフさで突っ走り、上司をハラハラさせる。花形の警視庁捜査1課で姫川班を率いていたが、池袋署に異動。所轄でも全力投球の仕事ぶりを見せる。中小企業経営者の自殺、クスリと売春がらみの男の不審死、大地主殺人事件などの真相を次々に究明していく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る