「99%の医者が知らない言葉のおくすり」井上裕之著

公開日: 更新日:

 歯科医でありメンタルセラピストの資格も持つ著者が、これまで相談を受けた患者への回答で“本当に救われた”と喜んでもらえたという27の言葉を紹介。

 例えば、面倒を見ていた部下に突然辞表を出されてショックを受けたという患者。著者は、「新しい部下を引き寄せるスペースができた」と考えようとアドバイスしている。一見冷たいようだが、物事は自然の摂理に従って考えるとおのずとうまくいく。川の水がせき止められているとよどむように、組織も人の入れ替えがないとビジネスに影響が出るため、部下の退職は新しい出会いのチャンスととらえるのが良いとしている。

 日常生活や仕事でモヤモヤを感じている人は、それらを洗い流すヒントが見つかるはずだ。

(アチーブメント出版 1100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る

人気キーワード