「99%の医者が知らない言葉のおくすり」井上裕之著

公開日:  更新日:

 歯科医でありメンタルセラピストの資格も持つ著者が、これまで相談を受けた患者への回答で“本当に救われた”と喜んでもらえたという27の言葉を紹介。

 例えば、面倒を見ていた部下に突然辞表を出されてショックを受けたという患者。著者は、「新しい部下を引き寄せるスペースができた」と考えようとアドバイスしている。一見冷たいようだが、物事は自然の摂理に従って考えるとおのずとうまくいく。川の水がせき止められているとよどむように、組織も人の入れ替えがないとビジネスに影響が出るため、部下の退職は新しい出会いのチャンスととらえるのが良いとしている。

 日常生活や仕事でモヤモヤを感じている人は、それらを洗い流すヒントが見つかるはずだ。

(アチーブメント出版 1100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る