• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「99%の医者が知らない言葉のおくすり」井上裕之著

 歯科医でありメンタルセラピストの資格も持つ著者が、これまで相談を受けた患者への回答で“本当に救われた”と喜んでもらえたという27の言葉を紹介。

 例えば、面倒を見ていた部下に突然辞表を出されてショックを受けたという患者。著者は、「新しい部下を引き寄せるスペースができた」と考えようとアドバイスしている。一見冷たいようだが、物事は自然の摂理に従って考えるとおのずとうまくいく。川の水がせき止められているとよどむように、組織も人の入れ替えがないとビジネスに影響が出るため、部下の退職は新しい出会いのチャンスととらえるのが良いとしている。

 日常生活や仕事でモヤモヤを感じている人は、それらを洗い流すヒントが見つかるはずだ。

(アチーブメント出版 1100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る