「多数決を疑う社会的選択理論とは何か」坂井豊貴著

公開日: 更新日:

 多数決は、本当に人々の意思を適切に集約できるのか。15年前のアメリカ大統領選挙では、最有力候補が第3の候補の出現によって票を奪われ、ブッシュ候補が漁夫の利を得て当選。多数決は「票割れ」に非常に弱く、多数側の判断を尊重できなくなる。社会制度の根幹を揺るがす多数決の仕組みを検証しながら、社会的選択理論の視点から人々の意思をよりよく集約できる方法について考察した問題提起の書。

 フランスで18世紀に生まれた集約ルール、ボルダルールや、そのボルダルールの批判から生まれた「最尤法」など、各理論の長短を解説。憲法改正などの話題も取り上げながら、よりよい選び方のルールを考える。(岩波書店 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  5. 5

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  6. 6

    FA美馬&鈴木獲りで“金満”原監督「人的補償は敵」の大放言

  7. 7

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  8. 8

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  9. 9

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  10. 10

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る