「多数決を疑う社会的選択理論とは何か」坂井豊貴著

公開日:  更新日:

 多数決は、本当に人々の意思を適切に集約できるのか。15年前のアメリカ大統領選挙では、最有力候補が第3の候補の出現によって票を奪われ、ブッシュ候補が漁夫の利を得て当選。多数決は「票割れ」に非常に弱く、多数側の判断を尊重できなくなる。社会制度の根幹を揺るがす多数決の仕組みを検証しながら、社会的選択理論の視点から人々の意思をよりよく集約できる方法について考察した問題提起の書。

 フランスで18世紀に生まれた集約ルール、ボルダルールや、そのボルダルールの批判から生まれた「最尤法」など、各理論の長短を解説。憲法改正などの話題も取り上げながら、よりよい選び方のルールを考える。(岩波書店 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る