「多数決を疑う社会的選択理論とは何か」坂井豊貴著

公開日: 更新日:

 多数決は、本当に人々の意思を適切に集約できるのか。15年前のアメリカ大統領選挙では、最有力候補が第3の候補の出現によって票を奪われ、ブッシュ候補が漁夫の利を得て当選。多数決は「票割れ」に非常に弱く、多数側の判断を尊重できなくなる。社会制度の根幹を揺るがす多数決の仕組みを検証しながら、社会的選択理論の視点から人々の意思をよりよく集約できる方法について考察した問題提起の書。

 フランスで18世紀に生まれた集約ルール、ボルダルールや、そのボルダルールの批判から生まれた「最尤法」など、各理論の長短を解説。憲法改正などの話題も取り上げながら、よりよい選び方のルールを考える。(岩波書店 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

もっと見る

人気キーワード