「マンガ おはなし物理学史」小山慶太原作、佐々木ケン漫画

公開日:  更新日:

 物理学の歴史をコミックで解説した入門書。

 1665年、ニュートンがりんごの落下から重力の存在、そして天体の運動へと思索を深める場面に始まり、天文学者のケプラーが惑星の動きを解明するエピソードなどを紹介しながら力学が生まれた経緯をたどる。19世紀になると、電池の発明が契機となり、電磁気学が体系化される。昔から人々の関心事であった光も電磁気学に取り込まれていく。この力学と電磁気学を柱として古典物理学は完成。さらに20世紀に入ると、19世紀までの知見が通用しない世界があることに気づいた物理学者らによって、量子力学と相対性理論が完成する。

 4つのテーマから物理学400年の歴史を概観。

(講談社 1080円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る