「マンガ おはなし物理学史」小山慶太原作、佐々木ケン漫画

公開日:  更新日:

 物理学の歴史をコミックで解説した入門書。

 1665年、ニュートンがりんごの落下から重力の存在、そして天体の運動へと思索を深める場面に始まり、天文学者のケプラーが惑星の動きを解明するエピソードなどを紹介しながら力学が生まれた経緯をたどる。19世紀になると、電池の発明が契機となり、電磁気学が体系化される。昔から人々の関心事であった光も電磁気学に取り込まれていく。この力学と電磁気学を柱として古典物理学は完成。さらに20世紀に入ると、19世紀までの知見が通用しない世界があることに気づいた物理学者らによって、量子力学と相対性理論が完成する。

 4つのテーマから物理学400年の歴史を概観。

(講談社 1080円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る