「ヤバいLINE」慎武宏・河鐘基著

公開日: 更新日:

 世界で5億6000万人もが利用するLINEは、スマートフォンに特化した新しい形のポータルメディアに変化を遂げつつある。一方でLINEをきっかけとした青少年のトラブルの多発や個人情報流出の懸念など、さまざまな問題を抱えている。光と影が交錯するそんなLINEをめぐるノンフィクション。

 これまでLINEは、東日本大震災を機に日本で生まれたとされていた。著者らは親会社がある韓国の取材でその誕生の意外な真実を導き出す。

 親会社のトップ、イ・ヘンジ会長の素顔や、消えては湧きあがる上場問題などにも言及。そのビジネスモデルの詳細、インフラとしての社会的責任などを考察しながら、その未来を展望する。
(光文社 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  4. 4

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  5. 5

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  6. 6

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  9. 9

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  10. 10

    武漢発じゃない? 昨年12月以前に「コロナ存在」の信憑性

もっと見る

人気キーワード