「モンローが死んだ日」小池真理子著

公開日: 更新日:

 夫を亡くした後、心身の不調に悩んでいた鏡子は、横浜から週に1回、軽井沢のクリニックに来るアルバイトの精神科医、高橋智之の治療を受けて、回復した。ある日、鏡子が勤める文学館に智之が訪れたことから2人は親しくなる。智之がマリリン・モンローの精神科医の話をしたので鏡子はモンローのDVDを借りてきたのだが、なぜか彼は見ようとしなかった。水曜日の夜、来るはずだった智之が現れず、連絡も取れなくなった。智之が勤務しているはずの横浜の病院に行ってみると、そこにいたのは同名の別人だった。では、自分の愛した男は誰だったのか。

 孤独な男女を描く心理サスペンス。(毎日新聞出版 1800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  6. 6

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  7. 7

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    照ノ富士Vの裏で…白鵬と鶴竜の休場癖に武蔵川親方も苦言

  10. 10

    コロナ対策の意識の違い…腹を立てるなら無策の政府にだろ

もっと見る