• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「モンローが死んだ日」小池真理子著

 夫を亡くした後、心身の不調に悩んでいた鏡子は、横浜から週に1回、軽井沢のクリニックに来るアルバイトの精神科医、高橋智之の治療を受けて、回復した。ある日、鏡子が勤める文学館に智之が訪れたことから2人は親しくなる。智之がマリリン・モンローの精神科医の話をしたので鏡子はモンローのDVDを借りてきたのだが、なぜか彼は見ようとしなかった。水曜日の夜、来るはずだった智之が現れず、連絡も取れなくなった。智之が勤務しているはずの横浜の病院に行ってみると、そこにいたのは同名の別人だった。では、自分の愛した男は誰だったのか。

 孤独な男女を描く心理サスペンス。(毎日新聞出版 1800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る