「昭和を語る」鶴見俊輔著

公開日: 更新日:

 1946年、衆議院憲法改正特別委員会によって第9条に「前項の目的を達するため」という修正条項が挿入されたとき、これが後に自衛戦争、もしくは自衛戦力を認める根拠として利用できることにほとんどの人が気づいていなかった。提案者の芦田均委員長は意図的に挿入したかのように後に語ったが、彼の日記を読むと、芦田自身も気づいていなかったことは明白である。少数の法制局官僚はこれによって再軍備が可能になると意図していたが、極東委員会の中国代表はそれを見抜いた。(「日本国憲法」のミステリー)

 先日、逝去した評論家・鶴見俊輔が古関彰一、河合隼雄ら13人と語った座談集。(晶文社 2200円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  5. 5

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

もっと見る