「ジェネレーションフリーの社会」北岡孝義著

公開日:  更新日:

 戦後間もなくの日本人の平均寿命は50~60歳だったから、年金給付期間はせいぜい10年だったが、寿命が延びた今は15~20年にもなる。財政破綻を避けるためには、退職後も国民全員が働く、世代構成の変化による影響のない〈ジェネレーションフリー社会〉を目指すしかない。若い世代に負担を押し付けるのでなく国民全員が全員を支えるのである。〈労働=苦痛〉だと働き続けることはつらいが、そこに〈自由意思〉と〈誇り〉があれば生き生きと働くことができる。そういう社会を実現するためには、国による高齢者の起業、NPOなどへの支援、職業教育が必要となる。

 年金に頼らずに生きる社会を目指す、経済学者による提言の書。(CCCメディアハウス 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る