「ルポにっぽんのごみ」杉本裕明著

公開日:  更新日:

 身近な「ごみ=廃棄物」の行方を追ったルポルタージュ。

 日本で発生するごみは、家庭と事業系ごみを合わせ4487万トン。その4分の3が焼却施設で燃やされるが、東京23区の焼却灰は東京湾で埋め立て処分。13年度は不燃ごみと合わせて36万トンが埋められた。一方、多摩地域で出た焼却灰は、全量がエコセメントにリサイクルされているという。

 その他、自治体に重い負担を強いる容器包装プラスチックのリサイクルや、海を渡った中古家電の行く末、そしてごみの増加を見越して建設された焼却施設がゴミが減ったために維持できない状態に陥っているという現状まで。現場を歩きリサイクルや処理のあり方を考える。
(岩波書店 800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る