「残穢」小野不由美著

公開日:  更新日:

 作家の私は、作品のあとがきで読者に恐怖体験を募集。久保という女性から自宅である賃貸マンションの和室から畳の上をほうきで掃くような音がすると手紙が届く。私は以前にも同じような手紙を受け取っていた。その手紙の主・屋嶋は久保と同じマンションの別の部屋に住んでいた。久保に問い合わせると屋嶋は既に転居した後だという。やがて久保は、和室で帯のような布が畳の上を引きずられるのを目撃する。不審を抱き調べると、このマンションは短期間で転居していく住人が多いことが分かった。しかし、不動産屋によるとマンション内でこれまで自殺者は出ていないという。

 第26回山本周五郎賞を受賞した戦慄のドキュメンタリー風ホラー小説。(新潮社 590円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る