「残穢」小野不由美著

公開日:  更新日:

 作家の私は、作品のあとがきで読者に恐怖体験を募集。久保という女性から自宅である賃貸マンションの和室から畳の上をほうきで掃くような音がすると手紙が届く。私は以前にも同じような手紙を受け取っていた。その手紙の主・屋嶋は久保と同じマンションの別の部屋に住んでいた。久保に問い合わせると屋嶋は既に転居した後だという。やがて久保は、和室で帯のような布が畳の上を引きずられるのを目撃する。不審を抱き調べると、このマンションは短期間で転居していく住人が多いことが分かった。しかし、不動産屋によるとマンション内でこれまで自殺者は出ていないという。

 第26回山本周五郎賞を受賞した戦慄のドキュメンタリー風ホラー小説。(新潮社 590円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る