「ラスト・タウン―神の怒り―」ブレイク・クラウチ著 東野さやか訳

公開日:  更新日:

 人類の滅亡を予測した富豪のピルチャーは、地下基地に設けた機能停止ユニットに選ばれた1000人と潜り込み、1800年後に覚醒する。外界は21世紀とは一変し、野獣化した人類アビーが跋扈していた。ピルチャーらは、最後の人類を守るためフェンスで囲まれた町ウェイワード・パインズを築き上げる。14年後、保安官のイーサンによって秘密を暴露されたピルチャーは、怒りに駆られ、外界に通じるゲートを開けてしまい、町になだれ込んできたアビーが次々と住人たちを襲い始める。責任を感じるイーサンは、住人たちを率いて地下トンネルに逃げ込む。

 ベストセラー「パインズ」「ウェイワード」に続く3部作の完結編。(早川書房 980円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る