「ラスト・タウン―神の怒り―」ブレイク・クラウチ著 東野さやか訳

公開日: 更新日:

 人類の滅亡を予測した富豪のピルチャーは、地下基地に設けた機能停止ユニットに選ばれた1000人と潜り込み、1800年後に覚醒する。外界は21世紀とは一変し、野獣化した人類アビーが跋扈していた。ピルチャーらは、最後の人類を守るためフェンスで囲まれた町ウェイワード・パインズを築き上げる。14年後、保安官のイーサンによって秘密を暴露されたピルチャーは、怒りに駆られ、外界に通じるゲートを開けてしまい、町になだれ込んできたアビーが次々と住人たちを襲い始める。責任を感じるイーサンは、住人たちを率いて地下トンネルに逃げ込む。

 ベストセラー「パインズ」「ウェイワード」に続く3部作の完結編。(早川書房 980円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  5. 5

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  6. 6

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  7. 7

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  8. 8

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  9. 9

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

  10. 10

    「輸出規制」で本当に困るのは韓国ではなく日本だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る