大不況には本を読む 橋本治著

公開日:  更新日:

 巨大なマネーゲームによって金融危機を招き、世界経済が危機に陥った原因は、1980年代に突出した経済大国日本への「嫉妬」だと指摘。そして、嫉妬される日本は「個人消費を増大させる」という方向に向かって「世界経済はまだまだ拡大しうる」という危険なオーバーフローへの道を開いてしまったと。アメリカの破綻によって、産業革命以降のアクセル全開の自由貿易主義にブレーキがかかった。

 そして今こそブレーキをかけることの意味を理解し、自分のあり方を省みるためにも、日本人はもう一度本を読むということに立ち戻るべきだと説く橋本流文明論。(河出書房新社 640円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る