大不況には本を読む 橋本治著

公開日:  更新日:

 巨大なマネーゲームによって金融危機を招き、世界経済が危機に陥った原因は、1980年代に突出した経済大国日本への「嫉妬」だと指摘。そして、嫉妬される日本は「個人消費を増大させる」という方向に向かって「世界経済はまだまだ拡大しうる」という危険なオーバーフローへの道を開いてしまったと。アメリカの破綻によって、産業革命以降のアクセル全開の自由貿易主義にブレーキがかかった。

 そして今こそブレーキをかけることの意味を理解し、自分のあり方を省みるためにも、日本人はもう一度本を読むということに立ち戻るべきだと説く橋本流文明論。(河出書房新社 640円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る