• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ニッポンの貧困」中川雅之著

 日本には今、月に10万円以下で生活している人が約2000万人いる。これは後期高齢者の人口より多い。ホームレスの数は減っているが、ネットカフェや無料低額宿泊所などにいる人は増えている。貧困者の増加は消費を落ち込ませ、国力を低下させる。2015年3月、外資系金融のゴールドマン・サックスが困窮者への投資を勧めるシンポジウムを開いた。これは単なる社会貢献活動ではない。投資は高い効果が見込めるという。今必要なのは貧困を慈善とみるのではなく、投資と捉え直す視点の転換なのだ。

 日本の貧困の解決の糸口を経済的観点から分析したルポルタージュ。(日経BP社 1400円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る