「道徳の時間」呉勝浩著

公開日:  更新日:

 T県鳴川市で変な事件が続いた。小学校で飼われていたウサギが車にひかれたり、幼稚園児が接着剤で両手を鉄棒にはりつけられた現場に、「生物の時間を始めます」「体育の時間を始めます」というメッセージが残されていたのだ。その後、陶芸家が死亡したが、「道徳の時間を始めます。殺したのはだれ?」という落書きが見つかり、同一犯の疑いが出てきた。その頃、ビデオジャーナリストの伏見に仕事の依頼がくる。13年前、鳴川市で講演中に教育界の重鎮が刺殺された事件をドキュメンタリー映画にするというのだ。そのときの犯人は「これは道徳の問題なのです」と語った。

 第61回江戸川乱歩賞受賞作。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る