「精神科医が教える 心が安らぐ『老後のシンプル生活術』」保坂隆著

公開日:  更新日:

 暮らしを健やかで心地よいものにするには、余分なものを手放し、シンプルな生き方をするのが最短で最高の道と説く老後の生き方読本。

 定年が近づいたり老いの気配を感じたら、時間的にも体力的にも経済的にも、今の持てる力の70~80%以内にとどめて暮らすよう推奨。そうすれば、残りの20~30%はゆとりになるという。食べものと同じようにモノもしまい込んでしまっては本来のふさわしい鮮度が失われる、不要なものは惜しみなくそれを必要とする人に分け与える、さらに出番がない「過去形」の思い出の品も整理すれば生活も「現在形」になるなどと説く。こだわりや忙しさ、欲しがりから卒業して心穏やかに生きる術を伝授。(PHP研究所 540円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る