「精神科医が教える 心が安らぐ『老後のシンプル生活術』」保坂隆著

公開日:  更新日:

 暮らしを健やかで心地よいものにするには、余分なものを手放し、シンプルな生き方をするのが最短で最高の道と説く老後の生き方読本。

 定年が近づいたり老いの気配を感じたら、時間的にも体力的にも経済的にも、今の持てる力の70~80%以内にとどめて暮らすよう推奨。そうすれば、残りの20~30%はゆとりになるという。食べものと同じようにモノもしまい込んでしまっては本来のふさわしい鮮度が失われる、不要なものは惜しみなくそれを必要とする人に分け与える、さらに出番がない「過去形」の思い出の品も整理すれば生活も「現在形」になるなどと説く。こだわりや忙しさ、欲しがりから卒業して心穏やかに生きる術を伝授。(PHP研究所 540円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る