「陽気なギャングは三つ数えろ」伊坂幸太郎著

公開日:  更新日:

 人の嘘を見抜くのが得意な人間嘘発見機「成瀬」、よどみなく言葉を紡ぐ演説の達人「響野」、動物をこよなく愛し動物園に足しげく通うスリの天才青年「久遠」、抜群のドライビングセンスとコンマ1秒単位の体内時計を持つ女性「雪子」は、人を傷つけないことをポリシーとする。

 そんな天才強盗4人組が2年ぶりに銀行に押し入り、あざやかな手さばきで仕事を片付けるはずが、追ってきた警備員の警棒が久遠の左手に当たり、思わぬ負傷をしてしまう。

 しかも、スキャンダルを嗅ぎまわるハイエナ記者・火尻が暴漢に襲われている場面に偶然遭遇し、助けてしまったばかりに左手の負傷を感づかれて付きまとわれる羽目に。さらに4人組の周囲に不穏なトラブルまで頻発し始める。果たして彼らは窮地を脱出することができるのか。
「陽気なギャングが地球を回す」「陽気なギャングの日常と襲撃」に続くシリーズ第3弾。9年ぶりの新作とあって発売するなり発行部数17万部を記録し、シリーズ累計ではすでに180万部を突破している。個性的なキャラクター4人組が繰り広げる軽妙洒脱なやりとりが楽しい。(祥伝社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る