我が家のヒミツ 奥田英朗著

公開日: 更新日:

「家日和」「我が家の問題」に続く家族小説シリーズの第3弾。

 現代日本の家族が抱える問題を多様な視点から描いてきたこのシリーズ。今回のテーマは、言うに言えない家族の「ヒミツ」。

「アンナの十二月」は、16歳になったアンナがそれまで秘密にされていた実の父親に会おうと決意する話。実の父が著名な演出家だと知ったアンナは、実父の周囲の華やかな世界に圧倒され、つい真面目だが地味な育ての父と比べてしまう。いっそ実父のもとで暮らしたいとまで考えるアンナを心配する母や友だち……。

「妻と選挙」には小説家・大塚康夫がシリーズ3度目の登場。突然妻から市議会議員選挙に立候補すると告げられた康夫が、最初は乗り気でなかったものの、徐々に選挙応援にのめり込んでいく様子をユーモラスにかつ温かく描く。

 その他、子供に恵まれない夫婦のそれぞれの葛藤、同期との昇進レースに敗れた男の敗北感に満ちた心境、母が急逝して憔悴しきった父を心配する兄妹、産休中に隣の謎めいた夫婦の動向に神経を尖らせる妻など、粒揃いの全6編を収録。(集英社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  7. 7

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  8. 8

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    「いきなり!ステーキ」米国上場廃止 NYでなぜ総スカン?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る