「富士山噴火」高嶋哲夫著

公開日:  更新日:

 富士山の麓、静岡県御殿場市にある養護老人ホームの施設長、新居見充は、元陸上自衛隊のヘリパイロット。3年前の平成南海トラフ大震災のとき、的確な判断で被災者を救ったが、自らの妻子を助けることはできなかった。

 ある日、旧友の新聞記者、草加に富士山噴火の兆候があると知らされた。若い火山学者から1週間以内に噴火の可能性があると聞き、ホームの入居者を避難させることを決意する。

 理事長は反対したが、そのとき、大地が揺れ、富士山山頂から白煙が上がった。新居見は陸自の協力を得て入居者を静岡市に避難させると、御殿場に戻り、市長に頼まれて市民の避難計画をサポートする。

 10時間以内に御殿場、裾野、三島、沼津の市民を避難させなくてはならない。火山灰が電気機器や電子機器のすき間に入り込み、消防車が立ち往生。被害は東京にも及ぶ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る