「富士山噴火」高嶋哲夫著

公開日:  更新日:

 富士山の麓、静岡県御殿場市にある養護老人ホームの施設長、新居見充は、元陸上自衛隊のヘリパイロット。3年前の平成南海トラフ大震災のとき、的確な判断で被災者を救ったが、自らの妻子を助けることはできなかった。

 ある日、旧友の新聞記者、草加に富士山噴火の兆候があると知らされた。若い火山学者から1週間以内に噴火の可能性があると聞き、ホームの入居者を避難させることを決意する。

 理事長は反対したが、そのとき、大地が揺れ、富士山山頂から白煙が上がった。新居見は陸自の協力を得て入居者を静岡市に避難させると、御殿場に戻り、市長に頼まれて市民の避難計画をサポートする。

 10時間以内に御殿場、裾野、三島、沼津の市民を避難させなくてはならない。火山灰が電気機器や電子機器のすき間に入り込み、消防車が立ち往生。被害は東京にも及ぶ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る