「富士山噴火」高嶋哲夫著

公開日: 更新日:

 富士山の麓、静岡県御殿場市にある養護老人ホームの施設長、新居見充は、元陸上自衛隊のヘリパイロット。3年前の平成南海トラフ大震災のとき、的確な判断で被災者を救ったが、自らの妻子を助けることはできなかった。

 ある日、旧友の新聞記者、草加に富士山噴火の兆候があると知らされた。若い火山学者から1週間以内に噴火の可能性があると聞き、ホームの入居者を避難させることを決意する。

 理事長は反対したが、そのとき、大地が揺れ、富士山山頂から白煙が上がった。新居見は陸自の協力を得て入居者を静岡市に避難させると、御殿場に戻り、市長に頼まれて市民の避難計画をサポートする。

 10時間以内に御殿場、裾野、三島、沼津の市民を避難させなくてはならない。火山灰が電気機器や電子機器のすき間に入り込み、消防車が立ち往生。被害は東京にも及ぶ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  6. 6

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  7. 7

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る