「18きっぷ」朝日新聞社、朝井リョウ著

公開日:  更新日:

 18歳の朝井は第1志望の国立大学に落ち、浪人するか、第2志望の私立大学に進学するか、選ばなくてはいけなくなった。高校の3者面談で朝井は「浪人はしたくありません」と言った。「書きたい話がたくさんあるんです。もう1年なんて我慢できません」。綿矢りさが19歳で芥川賞を受賞したのに衝撃を受け、19歳をタイムリミットにしていたのだ。

 鈴木翔太は小学生のとき、建設中の高層マンションを軽やかに行き交う鳶職人を見て、かっこいいと思った。中3のとき、ハローワークでその鳶職人のいた会社の求人を見つけ迷わず鳶職人になった。

 自分の未来を選択して旅立った18歳の若者たちの写真集。

(朝日新聞出版 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る