• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「貯金兄弟」竹内謙礼、青木寿幸著

 母亡き後、義父に虐待されていた宗一郎と翔太の兄弟だが、自宅の火事で虐待が発覚。やけどを負った義父は親権を奪われ、2人は施設で育つ。苦学して大学を出た宗一郎は、大手広告代理店への就職を勝ち取る。宗一郎は弟の進学資金を出すつもりだったが、翔太は高卒で消防士になると言い出す。宗一郎は反対するが、翔太から、消防士の道を選んだ場合、高卒で働き始めた方が大卒よりも生涯賃金が3000万円も多くなると試算を突きつけられ反論できない。一方で宗一郎は火事の恐怖を体験したはずの翔太が、公務員の中から消防士という仕事を選んだことに疑問を感じる。

 金遣いの荒い兄と倹約家の弟を主人公に描くマネー戦略文庫書き下ろしノベル。(PHP研究所 720円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  5. 5

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  6. 6

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  9. 9

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  10. 10

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

もっと見る